【東北大学 博士課程教育リーディングプログラム】 マルチディメンジョン物質理工学リーダー養成プログラム

SEARCH

ホーム > 更新情報 > 受賞・成果 > 陳凌寒さんの筆頭著者論文がApplied Surface Science誌に掲載されました

受賞・成果

陳凌寒さんの筆頭著者論文がApplied Surface Science誌に掲載されました

MDプログラム3期生の陳凌寒さん(工学研究科 知能デバイス材料学専攻 D2)が筆頭著者をつとめた論文が 2019年8月27日付で著名国際学術誌 Applied Surface Science のオンライン版に掲載されました。タイトルは Liner- and barrier-free NiAl metallization: A perspective from TDDB reliability and interface status です。

この研究は陳さんが本プログラムの海外インターンシップとして2019年6月から電気通信大学  i-パワードエネルギー・システム研究センターで取り組んだもので、その際の指導者である横川慎二教授との共著です。

 

インターンシップ先での陳凌寒さん