【東北大学 博士課程教育リーディングプログラム】 マルチディメンジョン物質理工学リーダー養成プログラム

SEARCH

ホーム > 更新情報 > 受賞・成果 > 下村誠志さんが国際学会および国内学会で2つの賞を受賞しました

受賞・成果

下村誠志さんが国際学会および国内学会で2つの賞を受賞しました

MDプログラム4期生の下村誠志さん(薬学研究科分子薬科学専攻 博士課程(前期) 1年)が、2018年3月7日から10日にかけてカンボジアの Siem Reap で開催された国際学会 International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018 (ICPAC 2018)  に参加し、学生講演賞(口頭)を受賞しました。演題は “Total Synthesis of (–)-Lepadiformine A via Diastereoselective Radical Translocation-Cyclization Reaction” です。

また、下村さんは、2018年3月25日から28日まで石川県金沢市で開催された日本薬学会 第138年会において「不斉誘起型ラジカル転位環化反応を用いた(–)-Lepadiformine Aの全合成」と題する発表を行い、優秀発表賞(口頭)を受賞しました。 *学年は受賞当時のものです

・日本薬学会第138年会公式サイト 学生発表優勝者

 

 

ICPAC 2018 での下村誠志さん(右)