【東北大学 博士課程教育リーディングプログラム】 マルチディメンジョン物質理工学リーダー養成プログラム

SEARCH

ホーム > 更新情報 > 受賞・成果 > 高根大地さんの筆頭著者論文がNature系列の専門誌で公開されました

受賞・成果

高根大地さんの筆頭著者論文がNature系列の専門誌で公開されました

MDプログラム3期生の高根大地さん(理学研究科 物理学専攻 M2)が筆頭著者をつとめた論文 ″Observation of Dirac-like energy band and ring-torus Fermi surface associated with the nodal line in topological insulator CaAgAs″ が、2018年1月9日(英国時間)に英国科学誌 Nature 系列の専門誌 npj Quantum Materials のオンライン速報版で公開されました。

この研究で高根さんが所属する東北大学の研究グループは、名古屋大学、高エネルギー加速器研究機構(KEK)と共同で、放射光を用いた光電子分光実験により、これまで見つかっていたトポロジカル絶縁体とは異なり、結晶自身の持つミラー(鏡映)対称性で特徴づけられる新しいタイプのトポロジカル絶縁体を発見しました。この発見は、現在、精力的に研究が進められている物質のトポロジー(幾何学)に基づく物質科学をさらに発展させるのみならず、新型トポロジカル絶縁体を用いた高効率の次世代電子・スピントロニクスデバイス開発へ道を開くものです。

この研究についての詳細は2018年1月11日に東北大学から発表された プレスリリース をご確認ください。