【東北大学 博士課程教育リーディングプログラム】 マルチディメンジョン物質理工学リーダー養成プログラム

SEARCH

ホーム > 更新情報 > 受賞・成果 > 武山健太郎さんがJean-Sebastien Thomas Awardを受賞しました

受賞・成果

武山健太郎さんがJean-Sebastien Thomas Awardを受賞しました

MDプログラム2期生の武山健太郎さん(工学研究科 金属フロンティア工学専攻 博士課程前期2年)の論文 “Dynamical material flow analysis of alloy elements associated with steel materials by using Matrace” がJean Sébastien Thomas Award(2016)を受賞しました。

この賞は世界最大の鉄鋼メーカーであるアルセロール・ミッタル社が、早逝した同社の研究開発部門の責任者のJean Sébastien Thomas 氏を追悼して2016年に創設した賞で、循環型社会構築に取り組む素材メーカーや研究者が参加し開催される国際会議であるSociety and Materials International Conference(SAM)において発表される、持続可能な開発分野での最も革新的で優れた研究論文に贈られます。

武山さんは今年から授賞を開始した同賞の最初の受賞者となり、2016年5月9日と10日にイタリアのローマで開催された第10回SAM (SAM10)で同賞を授与されました。

Jean Sébastien Thomas Awardについて(英語)

SAMとSOVAMATについて(英語)

 

武山さんとAnne-Laure Hettinger氏(アルセロール・ミッタル社グローバル研究開発部門 サステナビリティ部長)